知っておくべき5つのエッジコンピューティング

by Canonical on 22 March 2024

エッジコンピューティングの例

展開の速いテクノロジーの世界では、イノベーションが時代の先を行く鍵です。企業が効率、スピード、リアルタイムのデータ処理を追求するにつれ、エッジコンピューティングへの関心が高まっています。

エッジコンピューティングは、データの処理と分析におけるパラダイムシフトにほかなりません。データ処理を遠隔地のデータセンターに集中化する従来のクラウドコンピューティングとは異なり、エッジコンピューティングでは処理能力をデータソースの近くに配置します。これによりレイテンシが低減されるだけでなく、幅広い業界に多くの可能性が生まれます。

今回のブログ記事では、この最先端テクノロジーの例を多様な用途や事例でご紹介します。とりわけCanonicalのMicroCloudがどう時代の変化に対応するかにご注目ください。

さまざまな業界におけるエッジコンピューティングの例

  • スマートシティと都市計画

エッジコンピューティングは、スマートシティの開発に重要な役割を果たします。センサーやカメラなどのエッジデバイスを都市環境全体に展開すれば、データをローカルで処理して交通管理を最適化し、公衆の安全を高め、都市のインフラ全体を改善できます。エッジでのリアルタイム分析によって速やかな意思決定が可能になり、より効率的で応答性に優れた都市システムが実現します。

  • ヘルスケアと遠隔患者モニタリング

ヘルスケア部門では、患者のケアを向上させ、医療プロセスを効率化するためにエッジコンピューティングを活用しています。医療施設内のエッジデバイスによって患者のリアルタイムモニタリングが可能になり、適時の介入を保証するとともに、集中型サーバーへの大規模なデータ転送の必要性を低減することができます。都市から離れた地域では、エッジコンピューティングによって遠隔医療を促進し、サービスが行き届かない地域社会の人々に医療サービスへのアクセスを提供しています。

  • インダストリアルIoTによる予測型のメンテナンス

エッジコンピューティングは、モノのインターネット(IoT)によって予測型のメンテナンスを可能にし、工場の運営を劇的に変化させています。製造業の環境では、機械に取り付けられたセンサーがローカルにデータを収集して分析します。潜在的な問題を早期に検出してダウンタイムを最小限に抑えることで、メンテナンス計画を最適化できます。その結果、効率が高まり、コストが削減され、設備全体の有効性が向上します。

  • 自動運転車と安全性の向上

自動車業界は、自動運転車の高性能化と交通安全の向上のためにエッジコンピューティングを導入しています。車両に搭載したエッジデバイスで多数のセンサーやカメラ、ライダーからのデータをリアルタイムで処理することにより、遠隔地のクラウドサーバーに依存せず迅速な意思決定が可能となります。この低レイテンシのアプローチは、自動運転システムの普及と安全確保にとって重要です。

  • 小売業界と顧客体験のパーソナライズ

エッジコンピューティングは、パーソナライズされたサービスを可能にし、顧客エンゲージメントを向上させることで、小売業の顧客体験を変革します。店舗内のカメラやセンサーで顧客の行動を分析することにより、小売業者は的を絞って宣伝を行い、在庫管理を最適化できます。リアルタイムのエッジデータ処理は、顧客満足度を向上させ、ショッピングをより快適にします。

MicroCloud:エッジコンピューティング向けにカスタマイズされたソリューション

エッジコンピューティングが活気を帯びる中、最も重要なのは適切なソリューションの選択です。CanonicalのMicroCloudは、上記のさまざまなエッジコンピューティングの例に適合するエッジクラウドソリューションとして注目されています。コンパクトで効率的なクラウドインフラストラクチャを提供するMicroCloudは、簡潔性、拡張性、信頼性を重視し、エッジコンピューティング機能を実現します。

MicroCloudの主な特長

コンパクトなサイズ:コンパクトなMicroCloudは、産業現場から市街地に至るまで、さまざまな環境での導入に適しています。エッジコンピューティングのリソースが必要な場所ですぐに利用できます。

拡張性:MicroCloudは容易に拡張でき、エッジコンピューティングアプリケーションの要件の変化に対応します。スマートシティ環境でも産業オートメーションの現場でも、MicroCloudはエッジのニーズに合わせて拡張が可能です。

信頼性とセキュリティ:堅牢なアーキテクチャを備えたMicroCloudは、エッジコンピューティングの運用の信頼性とセキュリティを確保します。ヘルスケア業界や通信業界などの厳格なデータセキュリティ要件に適合する設計により、重要なアプリケーションに信頼できる基盤を提供します。

エッジコンピューティングの重要な例とトレンドを概括

エッジコンピューティングの世界とさまざまな用途を把握していただけるよう、Canonicalはホワイトペーパー「さまざまな業界で活用されるエッジコンピューティング」をご用意しました。このホワイトペーパーでは、実世界の例、業界別のアプリケーション、エッジコンピューティングが企業や社会に及ぼす潜在的な影響について検討します。

技術環境が発展する中、エッジコンピューティングの実用的なアプリケーションについて理解することは、一歩先を行くことを目指す企業にとって非常に重要です。それぞれの業界でエッジコンピューティングを活用し、新たな可能性を追求する上で貴重なリソースとなるでしょう。

ホワイトペーパーをダウンロード

参考資料

MicroCloudに関するCTO向けガイド:MicroCloudでエッジ戦略を確立するには

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

エッジAI

オープンソースで何を、なぜ、どのように実現するか エッジAIがデバイスとデータセンターの関係を大きく変える中、組織には常に最新のイノベーションの導入が求められます。AI搭載のヘルスケア機器から自動運転車まで、エッジデバイス上のAI(人工知能)はさまざまな分野で活躍します。これを踏まえて今回のブログ記事では、エッジAIプロジェクトを開始する際の検討事項、利点、課題、オープンソースの役割について考察します。 エッジAIとは エッジにおけるAI、またはエッジAIとは、人工知能とエッジコンピューティングの組み合わせを指します。エッジAIの目的は、接続されたエッジデバイス上で機械学習モデルを実行することです。これにより、デバイスは常にクラウドに接続してデータを処理しなくても、スマー […]

VMwareの料金にお困りのあなた: UbuntuでVMを便利に運用しよう

[ウェビナー] VMwareの料金にお困りのあなた:UbuntuでVMを便利に運用しよう 日時:2024年8月7日(水)15:00~16:00費用:無料お申し込み Ubuntuは世界中で高いシェアを持つLinuxディストリビューションです。近年では、CentOSの開発打ち切り(CentOS Streamへの移行)、RHELのソースコード公開ポリシーの変更、VMwareの料金体系の変更等に伴い、Ubuntuに乗り換える方も多く、日本国内でも注目度がますます高まっています。 本Webinarでは、NTTテクノクロス社で日頃からUbuntuに関わる業務に携わっている技術者がスピーカーとなり、Ubuntuが提供する様々なツールの紹介や、Ubuntuを商用利用する場合に重要となる脆 […]

Ubuntu Pro for EKSの一般提供を開始

Ubuntuの発行元であるCanonicalは、Ubuntu Pro for Amazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)の一般提供を発表しました。この拡張機能により、AWSのマネージドKubernetesサービスで、稼働時間の増大、Kernelのライブパッチによるセキュリティ、ProコンテナからAmazon EKSへの無制限アクセス、マネージドKubernetesサービスによりAWS(Amazon Web Services)やオンプレミスデータセンターでKubernetesを実行できるなど、堅牢なセキュリティサービスを使用可能になります。 Amazon EKSクラスターでコンテナを実行することでセキュリティを強化 Ubunt […]