Intel Connection 2023

by Canonical on 22 May 2023

イベント名: Intel Connection 2023
開催日時: 2023年6月19日 (月) 〜 20日 (火) 09:30 - 17:30 (09:00 受付開始)
開催場所: 東京ミッドタウンホール A+B (東京都港区赤坂 9丁目 7-2)
会場へのアクセスはこちら
主催: インテル株式会社
入場料: 無料 (事前登録制)

Intel Connection 2023 は、業界の垣根を超え、技術者、経営者の枠も超え、企業間の連携を高めて DcX をさらに推進し、日本の次世代を育て、未来を創る多種多様な業界の皆さんが集える関係構築の場を提供します。

さまざまな「つながり」で、ビジネスを創出する場としてご活用ください。

4 つのテーマで送る基調講演

Intel Connection 2023 の基調講演では、現代の社会課題やビジネスを取り巻く環境を「つながり」がどのように変革し、変えて行くのかを DX / GX に紐づく 4 つのテーマで展開し、インテル株式会社の代表取締役社長の鈴木 国正が各業界の先駆者や世界で活躍するスペシャルゲストと対話しながら解き明かしていきます。

展示エリア

展示エリアでは、インテルのテクノロジーを活用したさまざまなソリューションを、インテルや企業の担当者が直接紹介します。
新たなビジネスやコラボレーションのきっかけをお探しください。

今年、Canonical も Intel Connection 2023 に参加します。弊社展示ブースでお待ちしております。

弊社展示会概要

Ubuntuは、デスクトップPCやクラウド、インターネットに接続されたあらゆる機器まで、すべての環境において動作可能なオープンソースのソフトウェアオペレーティングシステムです。

サーバー・デスクトップ・エッジ・IoT機器すべての領域で使われているUbuntuの特徴と各種商用サービスを紹介しています。

イベントに登録する ›

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

VMwareの料金にお困りのあなた: UbuntuでVMを便利に運用しよう

[ウェビナー] VMwareの料金にお困りのあなた:UbuntuでVMを便利に運用しよう 日時:2024年8月7日(水)15:00~16:00費用:無料お申し込み Ubuntuは世界中で高いシェアを持つLinuxディストリビューションです。近年では、CentOSの開発打ち切り(CentOS Streamへの移行)、RHELのソースコード公開ポリシーの変更、VMwareの料金体系の変更等に伴い、Ubuntuに乗り換える方も多く、日本国内でも注目度がますます高まっています。 本Webinarでは、NTTテクノクロス社で日頃からUbuntuに関わる業務に携わっている技術者がスピーカーとなり、Ubuntuが提供する様々なツールの紹介や、Ubuntuを商用利用する場合に重要となる脆 […]

Ubuntu Pro for EKSの一般提供を開始

Ubuntuの発行元であるCanonicalは、Ubuntu Pro for Amazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)の一般提供を発表しました。この拡張機能により、AWSのマネージドKubernetesサービスで、稼働時間の増大、Kernelのライブパッチによるセキュリティ、ProコンテナからAmazon EKSへの無制限アクセス、マネージドKubernetesサービスによりAWS(Amazon Web Services)やオンプレミスデータセンターでKubernetesを実行できるなど、堅牢なセキュリティサービスを使用可能になります。 Amazon EKSクラスターでコンテナを実行することでセキュリティを強化 Ubunt […]

機械学習のセキュリティリスクの概要

データはあらゆる機械学習(ML)プロジェクトの要であり、悪人もそれを知っています。技術者の間でAIが常に話題になるとともに、MLシステムは攻撃の標的としても注目を集めています。Identity Theft Resource Center(ID窃盗リソースセンター)の報告によれば、2023年にはデータ漏えいが72%も増加しており、MLプロジェクトが恰好の攻撃経路とならないよう適切な対策を施すことは極めて重要です。このブログ記事では、機械学習のセキュリティリスクについて説明し、主要な脅威と課題に言及します。しかし、悲観的な話だけでなくベストプラクティスにも目を向け、オープンソースの役割も含め、可能なソリューションを探求します。 機械学習の攻撃対象領域 あらゆるテクノロジーには […]