MLOpsツールキットについて

by Canonical on 5 March 2024

ハードウェアからアプリケーションまで、機械学習ツールキットの構築において考慮すべき要素を解説

AIは将来が有望な分野ですが、その活用は簡単ではありません。企業各社は適切なアーキテクチャの構築、既存プロジェクトの拡大、最適なハードウェアの選択などに苦労しています。オープンソースは広く採用され、企業の多くの課題に対応します。ただし、セキュリティやツール統合の問題も忘れてはなりません。多くの企業は第一歩を踏み出すためのツールキットを求めています。

MLOpsツールキット
本書では、機械学習の運用を開始し、規模を拡大したい企業のためのツールキットを紹介します。まずハードウェアレイヤーからアプリケーションレイヤーまでスタック全体を概説します。次にソリューションを構築する際に検討すべき要素、およびスタックの各部分に使えそうなソリューションを検討します。企業向けサポートやマネージドサービスで実運用グレードレベルの環境を構築したい企業にも、本書は役立つでしょう。

機械学習ツールキットの内容:
• すでに市場でテスト/検証済みのハードウェアとソフトウェア
• データ処理とモデル構築に対応するオープンソースの機械学習ツール
• オーケストレーションのためのコンテナソリューション
• クラウドコンピューティングと複数の選択肢
• 企業内で展開可能な実運用グレードのソリューション

OSからアプリまですべてのレイヤーと機械学習のライフサイクルに対応するソリューション。詳細はホワイトペーパーをダウンロードしてお読みください。

ダウンロード

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

機械学習のセキュリティリスクの概要

データはあらゆる機械学習(ML)プロジェクトの要であり、悪人もそれを知っています。技術者の間でAIが常に話題になるとともに、MLシステムは攻撃の標的としても注目を集めています。Identity Theft Resource Center(ID窃盗リソースセンター)の報告によれば、2023年にはデータ漏えいが72%も増加しており、MLプロジェクトが恰好の攻撃経路とならないよう適切な対策を施すことは極めて重要です。このブログ記事では、機械学習のセキュリティリスクについて説明し、主要な脅威と課題に言及します。しかし、悲観的な話だけでなくベストプラクティスにも目を向け、オープンソースの役割も含め、可能なソリューションを探求します。 機械学習の攻撃対象領域 あらゆるテクノロジーには […]

VMwareの料金にお困りのあなた: UbuntuでVMを便利に運用しよう

[ウェビナー] VMwareの料金にお困りのあなた:UbuntuでVMを便利に運用しよう 日時:2024年8月7日(水)15:00~16:00費用:無料お申し込み Ubuntuは世界中で高いシェアを持つLinuxディストリビューションです。近年では、CentOSの開発打ち切り(CentOS Streamへの移行)、RHELのソースコード公開ポリシーの変更、VMwareの料金体系の変更等に伴い、Ubuntuに乗り換える方も多く、日本国内でも注目度がますます高まっています。 本Webinarでは、NTTテクノクロス社で日頃からUbuntuに関わる業務に携わっている技術者がスピーカーとなり、Ubuntuが提供する様々なツールの紹介や、Ubuntuを商用利用する場合に重要となる脆 […]

Ubuntu Pro for EKSの一般提供を開始

Ubuntuの発行元であるCanonicalは、Ubuntu Pro for Amazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)の一般提供を発表しました。この拡張機能により、AWSのマネージドKubernetesサービスで、稼働時間の増大、Kernelのライブパッチによるセキュリティ、ProコンテナからAmazon EKSへの無制限アクセス、マネージドKubernetesサービスによりAWS(Amazon Web Services)やオンプレミスデータセンターでKubernetesを実行できるなど、堅牢なセキュリティサービスを使用可能になります。 Amazon EKSクラスターでコンテナを実行することでセキュリティを強化 Ubunt […]