OpenStackを簡単に

by Canonical on 7 September 2023

OpenStackは依然として世界最先端のオープンソースのクラウドプラットフォームであり、その導入は毎年増え続けています[1]。2022年11月に発表された年次OpenStackユーザー調査の最新結果によると、調査対象となった300を超える実運用環境において、OpenStackは4,000万を超えるコアに採用されています[2]。もちろん、世界中で実行されているその他の何千ものデプロイは調査対象として記録されていません。

人気の秘密は、OpenStackが業界のあらゆる規模の組織にもたらす優れた経済的利点です。オープンソースプロジェクトであるOpenStackは、VMware、Citrix、Proxmoxファミリーなどの独自規格の仮想化ソリューションと比較して大幅なコスト削減が可能です。また、ハイパースケーラーの拡張機能または合理的な代替機能となるフル機能のクラウドプラットフォームとして、クラウドコストの最適化やデジタル主権の問題に効果的に対応します[3]。

その一方で、OpenStackの導入は常に難題です。過去にLinuxやクラウドコンピューティングを使用した経験がない人には特に困難です。経験豊富な組織でさえOpenStackの実装に悪戦苦闘する場合があります。設計オプションが何千もある、ハードウェアの要件が厳しい、アップストリームのインストール手順が難しいなどの理由で、多くの初心者が導入をあきらめてきました。OpenStackはその汎用性と規模から、オープンソースコミュニティによって複雑なプロジェクトという位置付けになっていました。

このホワイトペーパーで、CanonicalはOpenStackを簡単にするCanonicalの究極のアプローチを実証します。また、良識あるデフォルト設定と適切なツールを使用することでOpenStackの導入に関する典型的な課題に対応できることを説明します。その後に、それらのツールがどのようなものか、それらをどのように組み合わせるか、Canonicalの標準的な方法で実行する場合にOpenStackアーキテクチャをどのように構成するかについて説明します。ホワイトペーパーの締めくくりは、インストール手順です。具体的には、Canonicalが推奨するツールを使用してOpenStackを20分以内にワークステーション上で立ち上げて実行する方法を説明します。

OpenStackに関する初心者向け電子書籍

Canonical OpenStack

お問い合わせ

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

VMwareの料金にお困りのあなた: UbuntuでVMを便利に運用しよう

[ウェビナー] VMwareの料金にお困りのあなた:UbuntuでVMを便利に運用しよう 日時:2024年8月7日(水)15:00~16:00費用:無料お申し込み Ubuntuは世界中で高いシェアを持つLinuxディストリビューションです。近年では、CentOSの開発打ち切り(CentOS Streamへの移行)、RHELのソースコード公開ポリシーの変更、VMwareの料金体系の変更等に伴い、Ubuntuに乗り換える方も多く、日本国内でも注目度がますます高まっています。 本Webinarでは、NTTテクノクロス社で日頃からUbuntuに関わる業務に携わっている技術者がスピーカーとなり、Ubuntuが提供する様々なツールの紹介や、Ubuntuを商用利用する場合に重要となる脆 […]

日本最大の “AWS を学ぶイベント”AWS Summit Japan登録開始!

Canonical @AWS Summit Japan 2024 Canonicalの招待コードを添えて登録ください! https://aws.amazon.com/jp/summits/japan/招待コード: SPC9461572 毎年 延べ 30,000 人が参加する、日本最大の “AWS を学ぶイベント” AWS Summit Japan が 6月 20 日(木)、21 日(金)の二日間に渡り開催されます。AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関して学習し、ベストプラクティスの共有や情報交換ができる、クラウドでイノベーションを起こすことに興味がある全ての皆様のためのイベントです。基 […]

VMwareからOpenStackへ

独自のオープンソースクラウドでTCOを40%削減 クラウドコンピューティングは、今では企業のIT資産の中心です。Gartner社によれば、2025年にはクラウドインフラストラクチャへの総投資が50%に迫ります。IT資産が成長し、複雑化するにつれ、総所有コスト(TCO)も増大し、企業にとってはインフラストラクチャの経費の最適化が継続的な問題となりました。 昔からプロプライエタリ(オープンソースではない)ソリューションを使用してきた企業にとっては特にそうです。プロプライエタリソリューションは、ライセンスコストが高いだけでなく、サービスの相互依存性や長期契約の義務によって企業を縛ることがよくあります(ロックイン)。これらの欠点から、BroadcomがVMwareを買収した後、さ […]