Canonical プレゼンツ:Dell Technologies Forum 2023 – イノベーションと成長の力を解放する

by Canonical on 15 September 2023

Dell Technologies Forum 2023は、イノベーションと組織の成長を目指すビジネスリーダーやスペシャリストに向けた、デル・テクノロジーズの日本における最大のイベントです。今年も会場とオンラインで同時に開催され、最新のITトレンドや最先端テクノロジーのご紹介のほか、実際に変革を成し遂げた企業の事例、様々なセッションをご用意しています。

Canonicalの参加

Canonicalはパートナーとして、デルプラットフォームとの共同ソリューションの成功事例をいくつか紹介します。さらに、最新のAIプラットフォームソリューションを展示します。信頼できるAI/MLオープンソースプラットフォーム、Ubuntuは、開発者からエッジまで、AIの構想を支援するプラットフォームです。以下の特徴を備えています:

  • すべての必要なKubeflowサポートサービス
  • 自動GPUアクセラレーション
  • AI実験を数千のジョブにスケーリング
  • データレイクの統合
  • オープンソースのデータ操作
  • あらゆるクラウドに最適化されています
  • フルスタックのCharmed Kubeflow

UbuntuでAIモデルを開発する

https://jp.ubuntu.com/ai-ml

ハイエンドのUbuntuワークステーションでのAIモデルの開発。ハードウェアアクセラレーションを用いたベアメタルKubernetesのラックやパブリッククラウド上でのトレーニング。エッジやIoTへのデプロイ。そのすべてがCanonicalの提供するUbuntuで可能です

MLOpsガイド:AIの力を最大限に活用

さらに、AI開発のスタートガイドを読んで、MLOpsの基礎から学ぶことをお勧めします。MLOpsガイド

AI環境における目まぐるしい変化をどのように乗り切ればいいのでしょうか? その答えは、MLOPsのプロセスをしっかり整備することです。DevOpsがソフトウェア開発の世界を変えたように、MLOpsはAIの成熟を促進します。

MLOpsとAI:新たな可能性を探る

MLOpsガイドを一読することで、MLOpsツールの選び方を学び、AIプロジェクトを実運用に導く手助けを得ることができます。「MLシステムの開発と導入は比較的簡単で低コストですが、長期的なメンテナンスは困難で高コストです」とD. Sculleyらは2015年のNIPS論文『Hidden Technical Debt in Machine Learning Systems』で述べています。AIの導入率は2017年と比較して2倍に増え、AIは転換期を迎えています。もはや実験段階ではなく、実運用なのです。この分野の顕著な変化をご紹介しましょう。 AI環境における目まぐるしい変化をどのように乗り切ればいいのでしょうか? その答えは、MLOpsのプロセスをしっかり整備することです。DevOpsがソフトウェア開発の世界を変えたように、MLOpsはAIの成熟を促進します。このガイドでは、データサイエンティストやML従事者を対象に、MLOpsを使ってAIモデルを実験段階から実運用へと導くうえでのアドバイスを提供します。主なトピックは以下のとおりです。

  • MLOpsとは
  • MLOpsの利点
  • MLOpsのライフサイクル
  • MLOpsのツール
  • オープンソースのMLOps

お問い合わせと参加情報

ぜひ、Dell Technologies Forum 2023にご参加ください。詳細やお申し込みはイベントのウェブサイトからご確認ください。Dell Technologies Forum 2023

洗練されたデータサイエンスラボの完全なソリューション。Charmed KubeflowのMLOps環境向けCanonicalの24/7専門サービスについては、専門家にお問い合わせください。https://jp.ubuntu.com/ai-ml

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

機械学習のセキュリティリスクの概要

データはあらゆる機械学習(ML)プロジェクトの要であり、悪人もそれを知っています。技術者の間でAIが常に話題になるとともに、MLシステムは攻撃の標的としても注目を集めています。Identity Theft Resource Center(ID窃盗リソースセンター)の報告によれば、2023年にはデータ漏えいが72%も増加しており、MLプロジェクトが恰好の攻撃経路とならないよう適切な対策を施すことは極めて重要です。このブログ記事では、機械学習のセキュリティリスクについて説明し、主要な脅威と課題に言及します。しかし、悲観的な話だけでなくベストプラクティスにも目を向け、オープンソースの役割も含め、可能なソリューションを探求します。 機械学習の攻撃対象領域 あらゆるテクノロジーには […]

日本最大の “AWS を学ぶイベント”AWS Summit Japan登録開始!

Canonical @AWS Summit Japan 2024 Canonicalの招待コードを添えて登録ください! https://aws.amazon.com/jp/summits/japan/招待コード: SPC9461572 毎年 延べ 30,000 人が参加する、日本最大の “AWS を学ぶイベント” AWS Summit Japan が 6月 20 日(木)、21 日(金)の二日間に渡り開催されます。AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関して学習し、ベストプラクティスの共有や情報交換ができる、クラウドでイノベーションを起こすことに興味がある全ての皆様のためのイベントです。基 […]

CentOSのサポート終了(EOL)– Cephストレージへの影響は?

暗闇から光の中へ、新たな前進 2020年に、CentOS ProjectはCentOS Streamのみに注力することを発表しました。つまりCentOS 7がRed Hat Enterprise Linuxと共通性を持つ最後のリリースです。2024年6月30日のCentOS 7のサポート終了(EOL)により、OSのセキュリティ更新、パッチ、新機能のリリースがなくなります。 このバージョンのCentOSにCephをデプロイすると、将来の困難は見えています。EOLの課題を切り抜ける方法はいくつかありますが、それぞれに短所があります。 リスク 何もしなければ、デプロイメントが古くなるにつれてCephの新しいバージョンにアップグレードする道がなくなり、新しい機能を得られなくなりま […]